販売促進

売れ筋ランキング

  • 広告 - 3
  • 広告 -  2
  • 古着の現場から学ぶ
  • 古着が紡ぐ関係性
  • 広告 - 1

Blog

2017年3月7日

2016年2月17日

2015年12月31日

2013年6月13日
2017年6月16日

2017年7月19日
2017年7月19日

2017年9月13日
2017年10月6日
2017年12月30日
2017年12月30日
2018年8月1日
2018年8月1日

....過去の記事

当サイトは、RapidSSLのデジタルIDにより、記入されるデータは全て転送時に自動的に暗号化されセキュリティ保護されます

ウエス値上げのお願い

ウエス値上げのお願い

ウエス原料不足が顕著になり、原料調達価格が上昇しております。
誠に恐縮ですが、順次ウエス販売価格に見直しをさせていただきます。
特段のご高配をもってご了解賜りますようお願いいたします。

日本からの中古衣料の主な輸出国である東南アジアの経済活況に伴い
「古着を買えるようになった人々」が急増し古着の輸出が活況です。
日本で選別しているうち60%以上が古着としてこれらの国々へ輸出されています。
それならばと、原料のまま輸出し、かの地で選別するスタイルが急増してきました。
原料のまま輸出される、それでは日本で選別すれば日本に残るはずのウエス材まで出て行ってしまいます。
製造業の海外移転に伴いウエスの市場も縮小していますが、
それ以上にウエス原料の供給量が減少しています。

リネンサプライからの払い下げが激減しています。
円安に伴う輸入資材の高騰を回転数を上げて補っているため払下げ量が減っていると聞きおよびます。
損耗品をリネンサプライ業者が直接ウエスとして販売しているとも仄聞します。
真実は何かよくわかりません。
ただ間違いなくウエス業界への流入量は激減しています。

このようなさまざまな理由でウエス原料が不足し、原料調達価格が上昇しております。
ご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。