売れ筋ランキング

  • 広告 - 3
  • 広告 -  2
  • 古着の現場から学ぶ
  • 古着が紡ぐ関係性
  • 広告 - 1

当サイトは、RapidSSLのデジタルIDにより、記入されるデータは全て転送時に自動的に暗号化されセキュリティ保護されます。

愚か者の戯言

2013.06.13
バブル崩壊は突然やってくる。
つい昨日までそんなことなど起こるはずなどなく、この拡大はいつまでも続くと誰もが信じて疑わなかったのに・・・・・。
中国国内での込みボロ回収と輸出向け古着選別業の躍進が目覚ましい。
ここ12年でその量において日本をあっという間に抜き去った。
富裕層は1割と言いながら、人口13億人いれば1億3千万人、日本より多い。日本人1億3千万人のすべてが富裕層ではないことを考えあわせれば納得がいく。
経済的繋がりの強い「アフリカ」マーケットを席巻し、そこから押し出されたのは韓国の古着業者だ。
かつて「アフリカ」マーケットはヨーロッパ系業者の独壇場だったが、東ヨーロッパや中央アジアのマーケットが開発されヨーロッパ系業者そちらにかまけている間に、手薄になったアフリカマーケットで良い思いをしたのが韓国の業者だった。
韓国国内で回収される込みボロだけでは足りず、高値で日本の込みボロを買い漁った。
「アフリカ」マーケットから追い出された韓国業者が日本からの込みボロ買い付けを急速に手仕舞いし始めている。
込みボロ買い競争の終焉、「込みボロバブルの崩壊」の足音が聞こえている。
Next item >